臨終から告別式まで

落ち着いて対応しましょう

棺

臨終から葬式までの一連の流れを頭に入れておけば、いざというとき慌てないで済みます。
柏原では昔に比べると儀式にこだわる方が少なくなりましたが、常識を疑われない程度の知識は身につけておきましょう。
臨終が告げられたら、近親者が末期の水を取り、体を清めます。
ただし宗派によっては末期の水は取らない場合もあります。
柏原では大部分の方が病院で臨終を迎えますが、このときは病院のスタッフが遺体を清めてくれます。
また死化粧をしたり、遺体の保存処理を行ったりする場合もあります。
処置が終わったら、遺体を病院から自宅などに搬送します。
一般に柏原の病院では、数時間ほどしか遺体を置いておけないので、葬式までの間は適当な場所に保管しておく必要があります。
自宅で葬式を行うときは自宅に運ぶのが普通ですが、直葬などの際には火葬場の保冷室を利用する方法もあります。
これと同時に医師から死亡診断書を受け取り、病院に支払いを済ませます。
役場に死亡届を提出し、火葬許可証をもらう必要もあります。
葬儀社に連絡を取り、葬式のプランを決めたら、通夜から告別式へと進行します。
通夜の日は葬式の細かい打ち合わせを行い、遺体に死装束を着せて納棺します。
こうした手続きは、最近では簡略化されている場合もあります。
告別式では読経や焼香の後、近親者が火葬場まで同行します。
柏原でも公営の火葬場が利用できます。
火葬と骨揚げが済んだら、埋葬許可証を忘れずに受け取ってください。

搬出だけでも依頼できる

蝋燭

柏原で葬式を行うとき、病院で亡くなった遺体を搬送して準備をするのが大半です。
柏原に限らず、現在、人が亡くなる場所として最も多いのが病院です。
そのため、病院と葬儀社が提携している場合が多いです。
人が亡くなると、まず遺体を搬送しなければなりません。
搬送に関しては時間がないので、病院から紹介された葬儀社を使うことが多くなります。
あらかじめどこの葬儀社で葬式をあげるか決めているのならば、臨終間近になったら連絡しておくと、そちらを利用することもできます。
もし病院紹介の葬儀社で葬式をあげたくない場合は、搬送のみをお願いするということをはっきりと伝えて搬送してもらいましょう。
病院紹介の葬儀社は高くつくことが多いのですが、葬儀社を選ぶ手間がいらず搬送後そのまま打ち合わせに入れるので便利ともいえます。
その場合は、搬送に続き葬式も依頼することを伝えて打ち合わせに入ります。
自宅に搬送できるかどうかにより、搬送先は変わります。
基本は自宅に搬送しますが、柏原でも集合住宅だったり、道が狭いところだったりする場合は柏原の葬儀場などに搬送することもあります。
遺体を安置し、枕飾りなどを整えたら打ち合わせに入ります。
喪主や世話役を誰にするか、何人くらい参列者を呼ぶか、弔辞は依頼するか、希望する宗派や葬儀の形はあるかなどを決め、それにより葬儀の見積もりがある程度決定します。
支払いには現金が必要となるので、臨終間近になったらあらかじめ用意しておくのがおすすめです。

マナーを守ることが大切

葬儀会場

病院に入院をして手術をする際に、担当医に心づけを渡す場合があります。
これは手術をよろしくお願いしますという気持ちと、先生に気分よく手術を行ってほしいという気持ちなどが含まれています。
葬式においても心づけが発生する場合があります。
これは葬式費用とは別に、葬儀社の社員や霊柩車の運転手等に渡すチップのようなものです。
この心づけは柏原の地区に限らず全国的に行われているものですが、大事な故人を丁寧に扱ってくれてありがとうという意味が込められています。
金額は気持ちなので決まりはありませんが、少なすぎるのもおかしいので、2000円から10000円の範囲内で渡すのが一般的です。
渡す対象は葬式に関わった人なので、料理配膳人や近所のお手伝いの方、マイクロバス運転手などがあります。
これは気持ちなのでご自身でその都度対象の人に渡す事も良いですが、近年は柏原に限らずに、葬儀社に一括して渡す事が増えてきています。
また柏原の葬儀社によっては見積もりの中に心づけと入っている場合もあります。
事前にそのような仕組みがある事は理解しておく必要があります。
なお、近年は都会などの一部では心づけを行わないケースが増えてきていますが、柏原ではまだ心づけの風習が残っているところもあります。
また、もともと強要されるものではないのですが、冠婚葬祭時に渡すのがマナーといえます。
葬式は大事な故人を送り出す重要なイベントですので、間違いがないよう周りの人に感謝をしつつ執り行う必要があります。

葬儀社の相見積もりの理由

蝋燭

柏原の業者に葬式の相見積もりをする時は、できるだけ早いタイミングで3〜4社の業者を選びます。相見積もりすることで、柏原の葬式費用の相場を知ることができます。また、葬式に必要なサービスを見極める目を養うことができるので、必ず相見積もりを取りましょう。

もっと読む

事前にプランを明確に

合掌

急死による葬式では、遺族は形式に悩むことがあります。故人の意に沿っていない葬式となる可能性があるからです。そのため柏原では、葬式の生前予約をする人が増えています。形式も斎場も、さらには訃報を届ける相手や遺影用の写真も、事前に指定しておくことができるのです。遺族の準備も手軽になるため注目されています。

もっと読む

組合員や会員のメリット

ウーマン

柏原には、預貯金や食料品の配達といった生活に便利なサービスを利用するために、JAや生協の組合員となっている人が多くいます。いずれの組合員も、死亡時には葬式のサポートサービスを安く利用できます。また、共済の会員になる人も増えています。共済の場合、葬式サポートに加え保険加入というメリットもあるのです。

もっと読む