事前にプランを明確に

自身や遺族のために

合掌

冠婚葬祭のうち、唯一葬式は日取りを前もって知ることができません。
事故死の場合はもちろんですが、病死の場合でも、ある日突然ということがあるのです。
そのため中には葬式を出す時に、故人の意に沿う形式かどうかがわからず、悩んでしまうという遺族もいます。
そのことから現在の柏原では、多くの人が葬式の生前予約をするようになっています。
柏原の生前予約では、仏式葬や神式葬といった形式はもちろん、斎場も納骨することになる寺院や霊園も、決めておくことができるのです。
柏原だけでなく、それ以外の地域の斎場や霊園でも指定可能です。
さらに生前予約では、職場や友人関係など、訃報を届ける相手のリストも作っておくことになります。
参列してほしい人と、逆に参列を控えてほしい人とを、明確に分けておくことができるのです。
また自分が気に入っている写真を、遺影用として渡しておくことも可能です。
もちろん生前予約後に長生きをする可能性もあり、その場合は新しい写真を用意して、それに取り換えることができます。
こういった準備をしておくことで、死後には自分の望み通りの葬式を出してもらえるようになります。
もちろん遺族も、プランが明確に決まっているわけですから、その分あらゆる準備をてきぱきと進めることができます。
プラン通りに進めていけば、基本的には予算オーバーとなる心配もありません。
このような利点から、柏原での葬式の生前予約は、予約者本人からも家族からも注目を集めています。

基本料金に含まれる範囲

花

葬式には多額の費用がかかるため、節約するには複数の葬儀社から相見積を取って比較するのも一つの方法です。
しかし見積書の書き方は、同じ柏原の葬儀社でもバラバラなので、単純に比べることができません。
そこで基本的な見積書のチェックポイントを覚えておく必要があります。
柏原の葬儀社ならどこでも、最初の項目として基本料金が設定されています。
これはプランごとに決められていて変動しませんが、葬式に必要な費用がすべて含まれているわけではありません。
基本料金が安くても、オプションを付けると高くなってしまう場合があるので注意してください。
火葬場の使用費や遺体の安置費用は、柏原市内の施設によって決まっています。
また車両手配にかかる費用は、火葬場までの距離によって決まります。
これらは変動する費用ですが、同じ葬式ならどこの葬儀社でも似た金額になるはずです。
大幅に変動する可能性があるのは、葬式場の飾り付けなどにかかるオプション費用や、参列者の飲食接待費、返礼品の費用などです。
参列者の人数はもちろん、食事や返礼品の単価によっても変動します。
高ければ良いというわけではありませんが、あまり安っぽくても困る場合があるので、ケースバイケースで対応します。
すべての費用がセットになっている葬儀社は、柏原でも多くはありません。
そのため見積書を見るときは、基本料金に何が含まれているのか確認した上で、個別に内訳を比較することが大切です。

予算を伝えて勧誘を避ける

式場

冠婚葬祭の中でもお葬式は、高額なお金がかかる儀式です。
事実、一昔前までは100万円以上の出費も珍しくなかったのがお葬式です。
葬儀社との打ち合わせでも、お勧めされたプランをそのまま選んでしまうというケースが多く見られました。
葬儀社によって勧め方はまちまちで、高めのプランを勧める場合もあります。
もちろん良心的なプランを勧めてくれることもありますが、選択をする喪主側の姿勢を確立しておくことが、ペースを乱されずにお葬式をあげる方法となります。
葬儀社とお葬式の費用について打ち合わせをする際には、予算をはっきりと伝えておくのが肝心です。
喪主の予算が分かれば、葬儀社でも出来るだけ希望に近いようなプランを紹介してきます。
柏原の葬儀社でも、価格の異なる数タイプのプランを常時用意しています。
喪主の予算が分かれば、葬儀社でも金額のかけ離れたプランの紹介はしないことが多いです。
このような状況では世間体や見栄を気にしてしまいがちですが、今では柏原でも合理的な選択をする方が増えていますので、気兼ねなく好きなプランを選ぶ方が満足感が高まります。
お葬式の費用で金額が上がりやすいのが、飲食費です。
従来のお葬式では、参列者のために少し多めに料理を用意しておくのが1つのスタイルでした。
柏原の葬儀社でも料理の提供を行っていますが、こちらも実際はオプションのサービスです。
従って、単価が安くても人数が多ければそれなりの費用はかかります。
柏原のお葬式で飲食費を削りたい時には、規模を縮小するなどの工夫が必要です。

葬儀社の相見積もりの理由

蝋燭

柏原の業者に葬式の相見積もりをする時は、できるだけ早いタイミングで3〜4社の業者を選びます。相見積もりすることで、柏原の葬式費用の相場を知ることができます。また、葬式に必要なサービスを見極める目を養うことができるので、必ず相見積もりを取りましょう。

もっと読む

事前にプランを明確に

合掌

急死による葬式では、遺族は形式に悩むことがあります。故人の意に沿っていない葬式となる可能性があるからです。そのため柏原では、葬式の生前予約をする人が増えています。形式も斎場も、さらには訃報を届ける相手や遺影用の写真も、事前に指定しておくことができるのです。遺族の準備も手軽になるため注目されています。

もっと読む

組合員や会員のメリット

ウーマン

柏原には、預貯金や食料品の配達といった生活に便利なサービスを利用するために、JAや生協の組合員となっている人が多くいます。いずれの組合員も、死亡時には葬式のサポートサービスを安く利用できます。また、共済の会員になる人も増えています。共済の場合、葬式サポートに加え保険加入というメリットもあるのです。

もっと読む