組合員や会員のメリット

安く利用することが可能

ウーマン

柏原では多くの人が、JAや生協の組合員となっています。
JAでは農業関連でのサポートや銀行業務が、生協では食料品や生活必需品の配達が行われています。
どちらも生活に役立つことから、柏原では積極的に利用されているのです。
そして柏原のJAや生協には、葬式のサポートも依頼可能となっています。
組合員や同一世帯の家族が死亡した時に連絡すると、専門のスタッフあるいは提携している葬儀社のスタッフが駆け付け、葬式のあらゆる手配を代行してくれるのです。
たとえば遺体を病院から通夜の会場や斎場まで運んだり、花祭壇を用意したり門前飾りをつけたりといった具合です。
組合員以外でもこういったサービスを利用できますが、組合員の場合は料金が安くなります。
特にJAは、独自の広々とした豪華なホールを有しているのですが、それを安く利用できることから人気があります。
また柏原には、共済の葬式サポートサービスを利用している人も多くいます。
共済も基本的にはJAや生協と同じで、会員になっておくと格安料金でのサービス利用が可能となります。
また共済は保険会社と提携していることが多く、その保険に加入していれば会員扱いとなります。
つまり死亡した場合に、遺族は保険金を受け取ることができる上に、通常よりも安く葬式を出すことができるわけです。
死亡時のメリットが二重にあるということですから、自分の死後に残された家族のことを考えて加入する人は増えています。

事前に準備することが大切

葬儀

昔は葬式といえば家族や親類の他に故人の知人や仕事関係、近所の人々などが参列するのが一般的でしたが、最近は色々な種類の葬式ができるようになっています。
一番注目を集めているのが家族葬です。
特に高齢者の場合は仕事関係などの縁が薄くなるので、身内だけでしめやかにシンプルに送り出す葬式です。
予算も安く済むことから、家族葬を選ぶ家庭が増えています。
家族葬や密葬を行った場合は、後から偲ぶ会などを開いて故人と関わりの合った人たちに来てもらうという形式もあります。
例えば柏原市に住んでいる人が遠く離れた病院に入院して亡くなる場合があります。
そのような時は現地で密葬して、柏原市に遺骨が戻った時に偲ぶ会やお別れ会をしたりします。
若い人の間で希望が多いのが自由葬です。
これは故人が音楽家だったり画家だったり特徴ある生き方をした場合、それにふさわしい送り方をするものです。
例えば内陸の柏原市で暮らしていた人が海が好きだった場合、故人が好きだった海へいって葬式をすることができます。
形式にとらわれないで、故人にふさわしい葬式をするのが自由葬です。
自由葬を行う場合は、生前からそのように計画しておくこともできます。
故人の遺志によって執り行われるケースも増えています。
どのような葬式をするかは家族にとって重要なことです。
柏原市に住んでいる人なら、地元にどのような葬儀社があるのかを知っておく必要があります。
偲ぶ会や自由葬などを行いたい場合、それをサポートしてくれる葬儀社を探しておくのです。

仕組みと費用について

婦人

柏原で行われている葬式の中で、近頃、需要が高まっているのが家族葬です。
家族葬は、家族と故人にごく近い方だけで行い、一般会葬者は参列できません。
会葬者を選んで行うため、30〜50人程度の小規模な葬式になります。
柏原の家族葬は、一般的な葬式と同じ流れで進行しますが、会葬者数が少ないので、故人とゆっくりとお別れできるメリットがあります。
また、会葬者が親しい方ばかりなので、故人と遺族の意向を反映した葬式ができます。
故人の好きなものを祭壇に飾り、それを見ながら会葬者が故人の思い出を語り合うことも可能です。
また、会葬者ひとりひとりが故人と語り合う時間を設けることもできます。
このように、柏原の家族葬は、故人と遺族の理想の葬式をかなえるためのものといえます。
柏原の家族葬の平均的な費用は、約50万円となっています。
家族葬の会葬者の人数や演出内容によって費用は異なりますが、一般的な葬式よりも割安になっています。
密葬は、会葬者は家族と親族だけで通夜と火葬を行い、後日一般会葬者を招いて本葬や告別式行う葬式です。
本葬や告別式は、社葬、お別れ会、合同葬と呼ばれる場合もあります。
密葬の喪主は故人の親族が務めますが、社葬、合同葬では、企業の代表者が喪主を務める場合があります。
そのため、密葬は大規模なものになることが多く、一般葬よりも費用がかかることもあります。
家族葬と密葬は、故人や遺族の意向によって行われる葬式ですから、一般会葬者はその意向に配慮して行動することが大切です。

葬儀社の相見積もりの理由

蝋燭

柏原の業者に葬式の相見積もりをする時は、できるだけ早いタイミングで3〜4社の業者を選びます。相見積もりすることで、柏原の葬式費用の相場を知ることができます。また、葬式に必要なサービスを見極める目を養うことができるので、必ず相見積もりを取りましょう。

もっと読む

事前にプランを明確に

合掌

急死による葬式では、遺族は形式に悩むことがあります。故人の意に沿っていない葬式となる可能性があるからです。そのため柏原では、葬式の生前予約をする人が増えています。形式も斎場も、さらには訃報を届ける相手や遺影用の写真も、事前に指定しておくことができるのです。遺族の準備も手軽になるため注目されています。

もっと読む

組合員や会員のメリット

ウーマン

柏原には、預貯金や食料品の配達といった生活に便利なサービスを利用するために、JAや生協の組合員となっている人が多くいます。いずれの組合員も、死亡時には葬式のサポートサービスを安く利用できます。また、共済の会員になる人も増えています。共済の場合、葬式サポートに加え保険加入というメリットもあるのです。

もっと読む